<   2017年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

一行メモ (10月1日~8日)


光と力と絆


足るを知り、愛が芽生え、世界を悟る


身体の思考 ソマティックブレイン


勉強量x実践知へのコンバージョン

 たくさん読まなくとも知恵はある


ハーベストUI


恩師に恥じない仕事を、生き方を


「建築は関係づくり」 (安藤忠雄さん)


判断力と影響力のバランスを崩さない

 銃問題、昇進問題


可能性保存の法則

 残り時間が尽きると空間スコープが広がる

 /時空間保存の法則


相手に選択肢を与えるという方法


桂馬UI


延命しない主義


ハイメンテナンスはミスフィットの可能性が高い


壁がないと登れない


交理思考

 物理、心理、摂理


限界性自覚が他者性を生む


世界の美しきものと関わっていく

 美術、美学、美意識


骨格から肉付けへ

 20代の思考で骨格を作り、30代の実践で筋肉がついた


自分の限界を知ること。明日死ぬと思うこと。

そうしたときに、他者性が芽生え、世界性が始まる。

時空間運動の法則。限界を知れ、終わりを思え。


加齢は減生であり加空である


時間が狭まれば空間が拡がる


Howとhow to do it yourself を区別する


”すごく”なると減点はされなくなる


幸福マイスター


ブリコラージュからエンジニアリングへの移行


悪天モード


紙を作るのではなく、考えを作る


敵との交わりを楽しむ


鎧羊

 牛や羊は武装すべきか


新しいアイアンでコースに出ない


ワールドフラワーと深海くらげ


照らされたくない人間の存在


コンサルはキャディさん


それぞれの幸せをWINWINのルールのなかで


ディレクター気質


人生とはそんなにパーソナルなものか?


全力よりもミートさせること、腕力よりも原理を使うこと

 (ゴルフからの学び)


来るもの拒まず、去る者追わず。盗人咎めず。


幸福ナビゲートエンジンという存在



[PR]
by kuniakimat | 2017-10-09 15:20

一行メモ (9月1日~30日)


解くとは、問題が問題で無くなること

 解決するか、解釈するか、解脱するか


お魚咥えた野良猫、を追わない

 追いついたとしても噛み付かれるだけ。諭せるはずもない。


頭の体調不良にも休息を


掛け違えの根本にアプローチする必要


いい卒業生を生むことがいい組織の条件


誰の目線か、を明らかにして思考し表現せよ


グリップして振り回せ


上位者のスタンダードをレバレッジすること


コースを発見してティーショットだけする役割


重合創造


From現実to現実

 現実から始めて現実に出よ


酒とギャンブルは刹那の営み

気持ち良さの幸福として営み続けるものか


深く生きて行こう、深い関係でいこう


十分な知性があれば経済的成功に頼らず幸福であれる


クロストラックマネジメント


買いやすさ費用、を含んだ価格


体幹が欲しがっているものを


フォーカスして突き抜けて開通したものを

一度突き放して離れ、バランスよく扱えるように


点が打たれて面が描ける人


天の上に楽を置かない


stage/status, symbol, style, sense

 ファッション


ポイントエンターテイメント戦略


期待は実益の前借り的な幸福、という解釈に共感するのだが、

この前借りは墓場まで返さなくてもよいものだったりする

未実現の夢が世界を楽しいものにしている説


害虫は悪くないが駆除はしなければいけない


継続コミットプレミアムとリスクプレミアムの選択


寛容性とダメージ処理能力を


howよりwhen が大切

 howの肝は、それをどう位置づけるかにある


ディシジョンリスト


二人称にいたるストーリー


優位なときの他者リスペクト姿勢を見る

 虎か牛か 強い時に雑な人間への評価


すごいことやったろう、すごい組織作ったろう


壁越えと壁抜け


壁に力をもらう


深くて明るい人を

 挫折を乗り越えた人


熱を上げて生きていこう


泥棒が警察の悪口を言う


自意識を消して交わる自然


かべ、がけ、かげ(かえ)が人を成長させる


気づきメモのスコープをヒエラルキーに


ハイクリエイティビティ で ローエントロピー

 この両立をライフワークに

 cf 安藤忠雄


1は無限である


チャンクアップの相対化を覚えれば

 振り回されるという感覚はなくなる

 縦連動


面倒くさいことを当たり前に軽やかに扱うのがプロ


コミットを販売するとき


本番が面白すぎて遊ばなくなることについて


時が尽き、空へ昇る

 命の時間が尽きるとき、無限の空間に昇天する


個人主義とどう付き合うか


メメントモリで毎日昇天する


愛することでエネルギーとインスピレーションを得る

 (ピカソ)


脳内に豊かな世界が生きていれば表現は問わない

が、世界を紡ぐ過程は手作業を通して進む


キュビズム的曼荼羅チャートを

 多面表現としてのキュビズム

 捨象しない

 二次元に多次元を


クオリティレバレッジ


アクションでアクションをドライブする是非

 目的のない運動の中での進化

 生物はそうやってきた


ちゃんとしてない人が好まれる

 完璧人間といると自分が減点的になる



[PR]
by kuniakimat | 2017-10-09 15:12

一行メモ (8月1日~31日)


部分と全体の統合をライフワークに


苦味には旨みを

しんどい仕事には味の素をかける


blind 自覚を


向き合わない人には向き合わないし突きつけない

できれば付き合わない


反省したい、反省させて欲しい


三相回転における体幹としての三重点


どれだけ向き合うかにつきる


ゴルフのように会議を渡り歩く

歩いて行って、しっかり構えて、次に向けてボールを運ぶ


根のない花は咲かない


上位戦略に納得がいかず遡ることを繰り返してきた人生


心理のエンジニアリングを


軸とは何か

 両極を束ねるもの、つなぐもの、場を示すもの


体幹なく腕力で振り回してきたキャリア 

 人生における腰の回転を考える


夢を見せてあげられるか


聞く力、聞かない力、聞かせる力


力学が得意


とびきりへのときめきを


心より置き去りにして頭を働かせないこと


気持ちは上位集中

 ウィナーテイクスオール

 特級を狙いたくなる心


語らず存在でガバナンスする


幸福の永久機関

 気持ちいい、面白い、有り難い

 を回す運動のシステムを


真ん中を意識できるようになってきた

 生、性、与え、記


心のエントロピーに尊さがあるのか

 精神性 命の重さ


人生はベストエフォートベースか


思考のブレーキ故障

 オーバーヒートまで走り続ける


進化は拡張か前進か


一人称は11次元


二人称を自分のコントローラーにする、か


自分が何ブラインドであるか、を教えてもわらうワーク

 ブラインドエデュケーション


役割の自覚

外部への目的意識、つまりミッション自覚を


足るを知り、足らぬを知れ

 与えられたものへの感謝と、至らない自分の謙虚

 感謝と謙虚


仕事のアドレナリンが鎮痛剤


進化を目的化しない

 それは自己満な高度化にしかならない

 目的への適合に迫られて、本当の進化は起こる


自分をどれだけ耕している人か


低エントロピーアート展


究極のポジとしてのネガブラインド

 はた迷惑、サイコパスへの進化


精確性より成立性


知性は文化に宿る

 個人ではない


オリジナルではあるがアンバランスでありたいわけではない

 偏って目立つのはギミックにすぎない

 バランスのよいオリジナルであること


ビジネスのなかで芸術をやろう


頑張る仕組みより楽しむ仕組みを


感謝と貢献のスパイラルで社会は良くなっていく



[PR]
by kuniakimat | 2017-10-09 14:36