<   2012年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

心なきものが力を持つ

こんなひどいことはない
[PR]
by kuniakimat | 2012-01-24 21:58 | Comments(1)

2011年 振り返り

人生ってのはどんどん忙しくなって振り返ったり考える時間がなくなっていくもんだろうか。
2011年は本当に忙しかったなあ。いろんな変化があった年だったなとも思う。

一年分のエバーノート(手書きポケットメモからほぼこちらに移行した)をざっと眺めて2時間ほど、ああこれもこの一年のことだったのか、と驚くことが多かった。
きっと良いことなのだけれど、一年前と今は状況も感じ方もずいぶん変化している。

仕事では、事業会社に転職して二年目に入り、守備範囲が何倍にも広がり、役割の質もずいぶん変わった。マーケティング(新規ユーザ獲得、育成、ROI改善)、ナビゲーション機能改善、予算策定、競争戦略から、国内成功モデルの海外展開の仕組整備、グローバルでのKPI設計まで関わるようになり、プロジェクトリーダーから、マネージャ、副部長へとマネジメントレイヤーも半年ごとに上がってきた。
コンサルでやってこなかった領域、頭の使い方、動き方がたくさんあったりして学ぶことばかりだ。人事、予算、調整、管理などに多くの時間を使うようになりながら、複数のプロジェクトも推進するという状況で、会議で日中が埋まるスケジュールが続くようになった。頭の使い方、時間の使い方、人との関わり方が否応なしに変わってきた。
正直なところ、順応するより先に仕事がどんどん変わるので、自分が無理にがんばることでなんとかしている部分が結構ある。
健康的に成長しながらよいパフォーマンスが出せるように、仕事の引き受け方、進め方、チームの作り方、動かし方を改善していきたい。

仕事以外の面では、かなり対処の難しい困難に悩まされた。理解し得ないものからの攻撃に対し、どのように身を守り、その損害や存在を受け容れていくのか。
思えば20代までは理不尽さから距離をおいてもやっていけた、ある意味恵まれた生き方をしてきた。幸か不幸か、不誠実なもの、利己的なもの、暴力的なもの、邪悪なものに深く関わらずにやってこれた。おかげで無垢なまま、免役のない状態で大きな怪物に喰い物にされることになった。大切なものを失い、心からの怒りや憎悪という感情が自分にも生まれるんだということを知った。暴行による骨折や、財産の強奪といった被害を被ったこと以上に、虚言の恐ろしさを身をもって味わった。公正なこと、誠実なこと、筋の通ったこと、真実にそった正義にそった裁きを下す力は、自分にも社会にもないという無力を知ることにもなった。
多少の一時的な利己性は誰にでもあるだろう、けれど、一切の良心を欠落した怪物はそれとは非連続な性質をもって存在し、それでいながら偽善や偽弱をもって見事に社会に紛れている。
悪というものの存在、構造、手口について、人間社会について、理解しえないものとの付き合い方について、学び、考え、悩みながらも、あるスタンスに気持ちを収束させつつある。相手が人間であっても、分かり合おうとしてはいけない場合がある。北朝鮮の非人道性を人道的に是正することができないように、怪物ともそれとの付き合い方にのみ実効性がある。
許せないと憤ることより現実的な自衛策をとらなければいけないのだと思う。
(この話をすると/書くと抑えきれずテンションが高くなってしまう。それだけ衝撃的であり、想定を越えた事件であり、傷を負ったんだろうと自覚する。)


総じて、苦労が多く、深い学びも多い一年だったと思う。
それだけに、やっぱりとても疲れた。。。ただ疲れているならいいんだけれど、生活を楽しんだり将来を見据えるゆとりを失いつつある。思考も言葉も鈍いものになっている気がする。
正月からこんな元気を欠いたブログを書くのもいかがなものかと思いながら
こういう苦しい時期があるというのも自分の人生の一部だし、
今こうもがいている状態も事実として隠しすぎずにいようと思う。
元気の出ない逆境のなかで友人との交遊もすっかり薄くなってしまったけれど
またあらためて前向きに楽しいこと、面白いことを分かち合えるようにしていきたい。

2012年、またがんばろうっと。
気負いすぎず、楽しんでいかないとなんだろうな。

また部屋飲みなども企画いたします。個別にも飲みにいきましょう。

今年もどうぞよろしくお願いします。
[PR]
by kuniakimat | 2012-01-03 14:09 | Comments(13)