<   2011年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

読書抜粋メモ 「今は亡き王女のために」

 
大事に育て上げられ、その結果とりかえしのつかなくなるまでスポイルされた美しい少女の常として、彼女は他人の気持ちを傷つけることが天才的に上手かった。
 その当時僕は若かったので(まだ二十一か二だった)、僕は彼女のそんな性向をずいぶん不愉快に感じたものだった。今にして思えば彼女はそのように習慣的に他人を傷つけることによって、自分自身をもまた同様に傷つけていたのだろうという気がする。そしてそうする以外に自分を制御する方法が見つからなかったのだろう。だから誰かが、彼女よりずっと強い立場にいる誰かが、彼女の体のどこかを要領よく切り開いて、そのエゴを放出してやれば、彼女もずっと楽になったはずなのだ。彼女もやはり救いを求めていたはずなのだ。
 でも彼女のまわりに彼女より強い人間なんて誰一人としていなかったし、僕にしたところで、若いころはそこまで思いがいかない。ただ単に不快なだけだった。
 彼女が何かの理由で---理由なんてまるで何にもないということもしばしばだったけれど---誰かを傷つけようと決心したら、どのような王の軍隊をもってしてもそれを防ぐことはできなかった。彼女はその気の毒な犠牲者を衆人環視の中で手際よく袋小路にさそいこみ、壁においつめ、まるでよく茹でたじゃがいもをへらで押しつぶすみたいに、きれいに相手をのした。あとには薄紙程度の残骸しか残らなかった。今思いだしても、あれはたしかにたいした才能だったと思う。
 彼女は決して論理的に弁が立つというわけではないのだが、相手の感情的なウィーク・ポイントを瞬時にして嗅ぎあてることができた。そしてまるで何かの野生動物のようにじっと身を伏せて好機の到来を待ち、タイミングを捉えて相手のやわらかな喉笛にくらいつき、引き裂いた。多くの場合彼女の言っていることは勝手なこじつけであり、要領のよいごまかしだった。だからあとになってゆっくり考えてみるとやられた当人もまわりで見ていた我々もどうしてあの程度のことで勝負が決まってしまったのかと首をひねることになるわけだが、要するにその時は彼女にウィーク・ポイントをしっかりとつかまれているから、身動きがとれなくなってしまっているのだ。ボクシングでいう「足のとまった」状態である。あとはもうマットに倒れるしかない。僕は幸いにして彼女からそんな目にあわされることは一度もなかったが、そういった光景は何度となく目にしてきた。それは論争でもなく、口論でもまく、喧嘩ですらなかった。それはまさに血なまぐさい精神的虐殺だった。
 僕は彼女のそういう面がひどく嫌だったが、彼女のまわりの男たちのたいていはそれと全く同じ理由で彼女のことを高く評価していた。「あの子は頭がよくて才能があるから」と彼らは考えていて、そしてそれが彼女のそんな傾向をまた助長していた。いわゆる悪循環というやつた。出口がない。「ちびくろサンボ」に出てくる三匹の虎みたいに、バターになるまでやしの木のまわりを走りつづけることになる。

彼女の美しさを文章で表現するのは比較的簡単な作業である。三つのポイントを押えさえすれば、そのだいたいの特質はカバーできるからである。(a)聡明そうで(b)バイタリティーに充ちていて(c)コケティッシュ、ということだ。


村上春樹「今は亡き王女のために」
[PR]
by kuniakimat | 2011-03-26 11:37 | Comments(1)

善という悪

絶対善、絶対悪などというものは存在しない。
まずそのことから理解しなければならない。

善悪は関係の中でしか規定され得ない。

二者間において、片方が奪い傷つけた場合、
その関係において悪かったということはできるかもしれない。
けれどその人物が常に悪であり、悪人だということはできない。
人格は人生を通じた活動の総体でしか評価しえない。
善についても同様である。

一方的に与えることが善だとした場合、
与えている関係だけに目を向ければその人は善に見えるかもしれない。
けれど、その関係の外に、与える以上に奪っている関係性は誰にも必ず存在する。

 親に与えられた以上に返すことができた人間はどれだけいるだろうか。
 善人の朝ご飯にまぶされた雑魚の命に、その”善人”は何を与えたのか。
 熱と光を浴びせてくれる太陽に、その”善人”は何を返したのか。

現実へ誠実に目を向けるならば、すべての存在は善良であると同時に邪悪なのである。
善人を気取る者は、都合のよい関係にしか目を向けていないだけだ。
これが善の欺瞞のひとつめである。

もうひとつ、より厄介なのは、善が相対性でしかないということである。
閉じた系において、一方が善であれば(より多く与えていれば)、
他方は(より多く与えられている)悪ということになってしまう。
ある人が、どちらかといえば善良、というのは、
その母集団がどちらかといえば邪悪といっているのと同義である。

つまり、善を主張することは、他者の悪を糾弾することであり、
善を追求することは、他者を悪に追い詰めることである。

善とは他に悪を押しつけること、と理解した上で、
そんなものを善と呼べるであろうか。

善人というのは不誠実な虚構にすぎない。
・都合のよい部分から全体敷衍、および
・相対性のなかでの悪の押しつけ、
という2つの方便に支えられた欺瞞である。

ーーー

自らの欲求で利他的な行為をするのは人間生来のすばらしい善性であろう。
けれども、善を目指したり、自認したり、主張すること自体が
他を”悪”に陥れるという、大きな悪を犯していることにも気付かねばならない。

 人目への意識や自意識が見えてしまうとき 
 ボランティアや寄付の利己性と偽善に気持ち悪さを覚える

また相対性の原理を意図的につかって
他を悪に追い込むことで自らの善を確保しようとする卑しさも存在する。
将来に活かすための原因追求と、
自分が安心するための犯人・スケープゴート探しが混同されてはならない。
 
 災害時のマスコミのなかにこの卑しさを感じざるをえなかった


ーーー

善について、その相対性と欺瞞を書いたが
あらゆる”ポジティブ”についても同様の構造の上に成り立っている。

たとえば、善良さと並んで人間が追い求めがちな性質である
有能さについて、これは無能さとの相対性のなかでしか成り立たない。
有能であるということは、”無能”な人とのみ比較しているにすぎないし、
有能さをアピールすることは、他者の無能さを告発しているにすぎない。
(いうまでもなく無能な人、というのは存在せず、相対の産物である)

”優秀”な人間にありがちな陥穽である。
完璧主義者は他者を欠陥にすることでその完璧さを強化してしまい
孤独を深めていく。

ーーー

ポジティブは欺瞞である。
善良も有能も虚構である。

現実と他者に向き合うことからの逃避によって
ポジティブがねつ造され、
そして他者にネガティブを押しつけている。

 「これこそが許されざるネガティブじゃないか」

 なんていうことによって、自らのポジティブを確保してもいけない。
 自らがこのネガティブの当時者であり、
 ”ポジティブ”な他者の”犠牲者”だとしても
 それを糾弾するなら自らもまた”ポジティブ”な加害者である。

人はみな、善良でありながら邪悪であり、
有能でありながら無能である。
それは表裏であり一如である。

人間はけしてきれいなもんじゃない。
純粋さという欺瞞は逃避であり持続性のないバブルにすぎない。
善良や有能を追い求めることが人を不幸にする。

ーーー

もちろんすべての人が、このような相対性の呪縛にとらわれているわけではない。
けれど、華やかな世界、憧れの”成功者”には
このような相対性の奴隷が少なくない。

”有能で善良”な人は「相対的に」影響力が大きい。
その発信内容はポジティブでありながら攻撃的で
相対的な価値観がにじみ出いてる。

マスコミやインターネット上でも
”有能”な人たちの相対競争、アピール、罵り合いを目にし、
相対的に“無能”な僕たちはその価値観に知らず知らず染められていく。

ーーー
ーー


相対性から脱却するための鍵は二つであろう。
「中庸」と「自立」である。

人は皆、善良でありながら、邪悪であり
有能でありながら無能である。

自分もそのような一人の人間にすぎないことを認め、受け容れる。
善や有能を追求せず中庸を心がける。

そして自らに邪悪で無能な側面があろうとも否定しない。
”善良”で”有能”に見える者にも惑わされない。
それだけの強さを持った、個人として生きる絶対軸を確立することではないだろうか。




ーー追記ーー


そしてその絶対軸は、たぶん(僕にとっては)
誠実に生きる、ということなんだろうと思う。
現実に目を開き、自分を偽らず、自分に偽らずに生きる。

(あえて書いてしまうならば
 本当の善性が目覚めるのは、そのずっと先だろう)


ーー追記ーー

言うまでもなく、
悪行を奨励したり善行を否定する意図はない。
善や有能をアイデンティティとすることの危うさを書きたかった。

現実の自分の指針としては
心が自然と向かう善行には従い、
また認識しうる悪には自制を働かせる。
完全なる善でも完全なる悪でもないが
フェアネスを守り抜くことに強い規律を持つ。

僕はフェアネスへの姿勢が
人間の大切な特質だと思っている。
(けれど、善の欺瞞と同じく、
 フェアネスは関係の切り取り方の恣意性を拭いえない。
 その自覚のもとにあくまで個人的な規律として大切にしたい)
[PR]
by kuniakimat | 2011-03-21 15:56 | Comments(0)

読書抜粋メモ 「エデンの東」

精神的怪物の場合は、目で見て他と比べるものがないだけにわかりにくいが、生まれつき良心を持たない人には、良心の呵責など滑稽の一語だろうし、罪人には、正直がばかばかしく思えるかもしれない。怪物は正常からのずれ。怪物には、われわれの正常こそ怪物的に見えることを忘れてはならない。

障害者は欠けた部分を訓練で補い、限られた分野では健常者以上のこともできるようになる。キャシーも同様だった。生まれつきの違いを利用して、世界に波風をたて、周囲に苦痛と困惑をもたらした。

キャシーのような娘は、昔なら悪魔つきと呼ばれたのかもしれない。

魔女には、人を悲嘆にくれさせ、不安で居てもたってもいられなくし、妬み心さえ起こさせる力があると信じられていた。その力だけは、どうしても許してはならないものとされた。

キャシーがあどけない顔つきに生まれついたのは、自然がひそかに仕掛けた罠だったのだろうか。たれ気味のうわ瞼が顔全体を不思議に眠たげに見せていた。

子供のころから何かがあった。人は何気なくキャシーを見て、そのまま他へ視線を移動させるが、直後、なぜか違和感にとらえられ、視線をキャシーに戻す。

違和感といっても、立ち去りたくなるような不快さではない。むしろ、もっとよく見ようとし、近づこうとし、いったいこの子の発散するなにが気になるのかを知ろうとする。

キャシーは嘘つきだった。

キャシーの嘘にはいつも邪気があった。罰を逃れ、仕事をさぼり、責任を逃れるための嘘であり、自分を利するための嘘だった。

しかもできるだけ真実に沿って嘘をつくという巧妙さがあって、それが真偽の見分けをつきにくくしていた。ほかにも二通りの嘘のつき方を心得ていた。一つは真実のところどころに嘘を埋め込むことであり、もう一つは真実を語りながら、それを嘘のように見せかけることである。嘘だと思ったら、実はほんとうだったーーそういうことが一度あると、周囲にはかなり強烈な印象として残る。その効果は長続きして、薄れるまでにいくつもの嘘を暴露から守る。

人間は、さまざまな欲望や衝動を隠し持っている。一皮むけば、感情の地雷、我欲の列島、劣情の沼が露出する。ほとんどの人はそれを隠していて、自分一人のときだけこっそり抑制を緩める。人が心の奥底に持つそうした衝動を、キャシーは知っていた。そして、自分のためにそれを利用するすべを心得ていた。

苦痛だらけの恋をしている男の自虐能力は、われわれの想像を超える。エドワーズ氏は、いまだに女の善良さを心の底から信じようとしていた。ただ、どうしてもそれを許さない状況があった。キャサリンの暴発に加え、エドワーズ自身が抱える悪魔という問題もある。真実を知ろうと動きまわったのはーーー知ると同時にそれを否定しようとはしたがーーーほぼ本能のなせる業だったろう。たとえば、キャサリンが金を銀行に預けないことを探り出した。

キャシーは怖かった。エドワーズ氏には震え上がった。これまでの人生で、自分が状況を支配できなかったのは、あのときをおいて他にない。あんなことが二度とあってはならない。ただ、いまは保護してくれる人間と金が必要で、アダムならその両方を与えてくれる。しかも思うように操れる。本心は結婚などしたくはなかったが、当面、ひっそりと身を隠すには都合のよい相手だろう、と思った。ただ一つ、気がかりなのは、アダムが自分に示してくる暖かさだった。アダムはもとより、誰に対してもそんな暖かさを抱いたことがないキャシーにとって、それはとうてい理解できないものだった。

キャシーが私の言う怪物であることは、この際、問題ではない。キャシーという女を理解できなくても、人間が善悪両面にさまざまな能力を持つことはおわかりいただけよう。大きな善をなす一方で、大きな悪をなすこともできる。心の中でどす黒い水たまりをかき回した経験のない人は、おそらくいないだろう。
たぶん、私たちの心の中には秘密の池がある。そこで醜悪な何かが発生し、しだいに力を増して、池にめぐらされた柵をよじ登ろうとする。だが、普通は柵が高く、登り切れずに、また池に落ちていく。まれに、とくに暗い水たまりを秘めている人がいて、とりわけ強い悪が育ち、柵を乗り越え、外に逃れ出る。そうした人を、私たちは怪物と呼ぶのではなかろうか。だが、秘密の水たまりは誰にでもある。天使だけでなく悪魔の人間の発明物だ。ならば、両方をともに理解できるのが当然であり、できないというほうがおかしい。

幼いころから、相手の力を利用して勝つことを学んできた。男の力に抵抗できないときは、望む方向へその力を誘導していけばいい。簡単なことだ・・・・

キャシーを怪物だと言ったとき、私は確かにそう思っていた。だが、いま虫めがねを手にして顔を近づけ、キャシーという書物の細かな文字を読み、脚注にまで目を通して見ると、はたしてそうだったそうかと思う。問題は、キャシーが何を望んでいたかが分からず、当然、それを手に入れたかどうかも分からないことだ。何かに向かうのではなく、何かから逃げようとしていたのだとしても、逃げおおせたかどうかが分からない。ひょっとしたら、キャシー自身は自分が何者であるかを周囲に伝えようとしていたのに、共通の言語を持たなかったため、伝えられなかっただけなのかもしれない。生きざまこそキャシーの公式言語だったともいえよう。よく発達していても、解読不能の言語だった。悪い女という一言で片づけるのは簡単だが、なぜ悪かったのかが分からないままでは、そんなことをしても意味がない。
私が心の中に描くキャシーは、愛してもいない男と一緒に、好きでもない農場に暮らし、静かに座って妊娠期間をやり過ごそうとしていた女だ。

フェイは楽しんでいた。ケイトといると興奮が尽きず、果てしない計画の練り直しが嬉しかった。

妻にとって、僕は邪魔なだけでした。敵でさえなかった。


スタインベック「エデンの東」
[PR]
by kuniakimat | 2011-03-21 13:04 | Comments(0)