<   2010年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

リンク記事メモ 自己という幻想

自己という幻想 池田信夫さんブログ

通信の問題にしても、経済や哲学の話にしても、この人の話は分かりやすくて勉強になるなあと思う。
[PR]
by kuniakimat | 2010-05-24 10:18 | Comments(0)

動画メモ 蟹に倣う

かなり爽快なカニの脱皮動画。
見たことなかった。




個人的に蟹について思うこと

カニは食べ物として好物なんだけれど(プリン体が多くて困ったりもする)
存在としてもカニみたいに堅い皮で覆われているものって子供のころから好きなんだよな。
カブト虫、クワガタ虫とか、もっと広く言えば自動車、電車とか、ウォークマンみたいな家電も。

まあ男の子らしい好みなんだけれど、これは思考とか心理とかのあり方と関係しているような気がしていて
たとえば、意志決定において理論武装するだとか、会議をフレームワークでマネージするとか、ソリッドなものを好む傾向がある。
それは生来の憧れという側面もあるけれど、不安から来る防御の意味も大きい気がする。

何にしても、強さはあるんだけれど、不器用だったり、変化に弱かったり、閉じていて他と交わることが難しい。
というようなことを長らく自己認識というか問題意識としてもっていて、
脊髄動物になった方がいいのかなあと思ったりとか、コンプレックスみたいなところもある。
(それを意識してブログタイトルを「雲丹の抜け殻」にしてたり)


それにしてもこのカニの動画は、なかなかに爽快。
あのかちかちの頑丈で美しい甲羅、それを脱ぎすてるって、すごいことだなと。
これは実際、相当勇気いることだと思う。
ひとつには、ここまで自分を守ってくれて有用で愛着のある鎧というのを捨てる、という勇気もあるし、
さらには、脱いだあとって、次の殻が固まるまでものすごい脆弱な体で生きなければいけないんだもんな。
でもそれを超えるから大きな成長がある、と。

人間の挑戦とか自己変革もまあほとんど同じようなところがあるなあと感じるところ。
得意な慣れたやり方を捨てて、新しいことを始めるには、勇気がいるもんだ。
つい惰性で、小さくなった殻のなかにとどまってしまいそうなときに、このカニの動画に勇気づけられる、こともあるかもしれない。
こういう物理的なイメージって心理的な作用がけっこう強かったりする。

「退路をたつ」っていうことでもある。
退路を断ってコミットすることで、一気に物事は動き始めるもんだと思う。

ーーー


余談だけれど、
そんなことを書きながら昔転職するときに同僚から勧められた歌を思い出した。
いい曲。




「さよならから始まることがたくさんあるんだよ。」

ーーー

蟹に倣って脱皮するのもいいかもしれない。
[PR]
by kuniakimat | 2010-05-02 00:40 | 動画リンク | Comments(0)