<   2008年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

9月20日(土) 松村亭飲み(最終回)

長らくお世話になった麻布十番の部屋からも
ついに退出することとなりました。

最後にもういちど、皆様と集まる機会をもうけたく
下記企画いたしますので、奮ってご参加ください。

 9月20日(土)17時~深夜、
 松村亭(麻布十番4番出口より徒歩2分)
  出入り自由 
  持ち込みまたは2000円程度を予定

(場所等分からない方、ご連絡ください kuniaki@ann.hi-ho.ne.jp)

ごぶさたになっているかたも少なくないので
この機会にぜひ、集まりましょう。

参加連絡などのコメントなどいただければ大変うれしく。
どうぞよろしくです。
[PR]
by kuniakimat | 2008-08-31 14:05 | Comments(5)

仕事メモ 本気でやること

「全力でやること」は目的でも成功の鍵でもなくて

大事なのは「本気でやること」

ーーー

簡単には達成できないことを扱うとき
その挑戦に本気で向き合うなら
必然的に全力以上で取り組むことになる。

全力以上でがんばるときに
限界の枠が押し広げられたり飛び越えたりできる。
本気で挑戦することが成長につながる。

(全力を目的としてやった場合は全力以上には越えていかない)

ーーー

現在の能力範囲で解決できることに関しては
全力でやる必要はない。
ただ、本気で誠実に取り組む。

(きちんと向き合ったら結果的に
 全力でやることになることは多いんだけれど)

まず本気で向き合うこと
[PR]
by kuniakimat | 2008-08-24 15:32 | ★★★ | Comments(0)

忙しさの自覚

公私の波が重なって非常に忙しい。

やることが多い、と感じたときは、
余計なことをやらない、のが重要だ。
本当に大事なことだけに集中する。

大事なことの見極めにおいては
大目的に照らした優先順位付け、という方法もあるけれど、
より有効なのは、本質的でないものに関わらない姿勢、だと思う。

余計なこと、の最たるものは、
本気でない人、本気でない営み、に付き合うことである。
本気でないものからは何も生まれないし、
逆にそれを怠って失うものは(あるとしても)取るに足らない。

“顧客”であろうと、"上司”であろうと、”メンバー”であろうと、”知人”であろうと
本気でないものからは距離を置く。
必要であれば一喝する。

本気なことにだけ集中する。

ーーー
ーー

本気で”考え事”や”言葉遊び”をしていた時期もあった。
最近はそうではない。
その程度の思いつきに自分自身、付き合っていられない。
(ただ、本気になっていくための助走について寛容であるべきか、悩むところである)

ーーー

こういうふうに自分に見えている”本質”にフォーカスすることは
生産性を高める。
一方、性急な”判断”によって潜在的な可能性をつぶすことも少なくない。

”忙しさ”には良さもリスクもある。

ーーー
ーー

まあ、とにかく、忙しい今、
本気でいい仕事をする。



ーー
ーーーー

そんなことを言いながら
本当に大切な人を疎かにし、
本当に大切なことに向き合うことを先延ばしにしているのかもしれない。
[PR]
by kuniakimat | 2008-08-17 13:38 | Comments(3)

背負えば変わる

背負うようになったら
なぞったり眺めたりはしなくなる。

そういうことかもしれない。
[PR]
by kuniakimat | 2008-08-03 00:26 | Comments(1)