<   2008年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

メモ 確実な他者への収束

いつかはすべて「確実な他者」へと収束するんだろう。

ーーー

不確実性と確実性

自力と環境
(controlable-uncontrollable)

努力の対極としての射幸心
[PR]
by kuniakimat | 2008-07-19 23:57 | Comments(0)

メモ 期待は無責任


期待は無責任なものだ。
自分ではどうしようもない、外部に対する気持ち、
受動的で責任のない感情。

無責任への欲求。
[PR]
by kuniakimat | 2008-07-12 18:05 | Comments(0)

気分メモ いいことあるかもしれない でいいのか

「今日はいいことあるかもしれない」

毎日そう思って過ごしていたのはいつ頃までだろうか。

通学路でかわいいこに会えるかもしれない、
先週のテストの点が上がってるかもしれない、
授業中に難しい問題を解いて活躍できるかもしれない、
友達がすごく面白い冗談をいって笑いころげるかもしれない
テニスでサービスエースが決まるかもしれない、
楽しい飲み会に誘われるかもしれない、
カラオケが上手に歌えるかもしれない、
気になる子から電話がかかってくるかもしれない
面白い本と出会えるかもしれない
すごいアイデアを思いつくかもしれない

今日はいいことがあるかもしれない

元気でいられるのは、
いいことがあったからというより
いいことあるかもと思えるからなんだと思う。

別に大きな夢じゃなくてもいい、
ちょっとした毎日の楽しさ、期待、

ーーー

歳を重ねて
妄想だったと気づく期待もあるし
可能性の現実も見通すようになってくる。

ーーー

今日はどんないいことがあるだろう。
ちょっとした期待をもって毎日を過ごしたい。
[PR]
by kuniakimat | 2008-07-12 17:53 | Comments(0)

ポケットメモ

成長力を評価せよ

実力アピールをしていては(させていては)
成長が妨げられる。

「今の力はもう分かっているから、
 成長、変化を見せてよ」

まず、認め受け入れること、
そこから先は差分(成長)だけを見ること。

実力者集団より
成長者集団のほうが組織としてずっと価値がある。

Up or out は
そういう価値観の現われと見てもいいんじゃないだろうか。

ーーー

・「キーパーソンより、コア人材」(冨山和彦さん)
 誰が価値を生み出しているか

・Windows vista みたいな人材
 
 ハイスペックを売りにされても
 そうそうフリーズされるとボトルネック

・本質の議論ができる相手がほしい

ーーー

・extreme purity
and true appreciation

ーーー

・scope of integrity

 ずっとあふれていて
 ずっとばらばらだった

ーーー

・「私もがんばんなきゃなあ」と
 人に思わせる存在であること

ーーー

・マネジメントチームコーチング
     +
 ファクトベーストリコメンデーション

 そういう仕事

・どこまでのお膳立てが必要か。
 (力量を測る)
 任せられる状態へのマネジメント

・説明責任か結果責任、どちらかは引き受けろ

・Keep thinking
そんなとこで止まるな
 評価してるより先にすすめ
[PR]
by kuniakimat | 2008-07-10 23:40 | ポケットメモ | Comments(0)

ポケットメモ 6/20~7/5

素晴らしい明日のために、今日できること。

ーーー

-emotional leverage の可能性

・「自分には見えている」と思っている人の危険性

・異なるものへの配慮

・Intimacy modelへの転換

・ミッションはパッションから

・言葉に応じず気持ちに応じる

・マネジメントに集中する

・同じ課題を違うレイヤーから扱う

・本質理解というコンピタンス

ーー

・”自分の世界”から飛び立ったとき

・「いいことあるかも」 期待という効用

・器用で不誠実より、不器用で誠実を

・感じられないものに価値をおかないこと

・書くことは進化であり固定化である

ーーー

・思いつめて初めて出てくる価値
  ブレークスルーは袋小路のエネルギーから

・ギャンブラーはポジティブシンカーか?

・「何に頭を使ったの?」

・良い顧客としてのの上司
 (プロの力を引き出す)

ーーー

・解けない“問題”を提起しないこと。
 それはイシューじゃない

・積み上げる議論を

・ピントがずれた発言。筋のよしあし

・「価値付加力」

・外から設計してるばかりじゃなく
 内から生み出す営みを

・勝負事の興奮とすっきり感

ーーー

・人をコバカにしてるやつが一番ばか。
 「あほっていうやつがあほー」

・プロジェクトにフラグが立つ瞬間

・毒フィルターをもつ

・仮説でとめずに数珠つなぎの思考スパークを

ーーー

・「知りすぎて何も言えなくなった」では意味がない。

・自分が見えているものは部分でしかない、という自覚

 どうせ見えないなかで、どういきていくか

・情報の大食い という病

ーーー

・欲求は、治癒と勝負

 守りの欲求と攻めの欲求

・攻めあってこそのサステナビリティ

・不確実性への欲望

ーーー

・答えをつかむときには
 客観、論理ではなく、
 内から身を浸して感じたほうがいい

・「すごい」に含まれる、「自分にはできない」というニュアンスについて

・切実な思考

・面白い、と、役に立つ、の違い

・ストーリーとしてのシステムシンキング

・防御力・反論力が強いことによる大きな損失

・局所的に沸騰せず、detachして全体につながる熱し方を

・現状分析の目的は構造を明らかにすること

・それは美しいか?

ーーー

・本質とは過去である。未来は変わる

ーーー

・リズム(調子)を狂わせないフィードバックを

・性善説、性能力説の失敗

・幸せな顔が美しい

・情報共有のリスク。ゲートキーパーとしてのコンサルタント

・プロのマネジメントとワーカーのマネジメントの違い

・反省点は自分で言わせる(伝えるより効果的)

・ ”人”を使って”人”に価値を届ける。
 そんなもんだと思えば難しくない

・診断を受ける前に薬をほしがっちゃいけない。
 与えてもいけない。

・客観の見える化、主観の見える化

・知ってると分かってるの違い

・分かっていないものを表現しない。
  分かるために必要なのはアナロジー(類推)であってメタファー(比ゆ)ではない

・「違和感による成長」
 懐かしい感覚

ーーー

・質問に答えているか?

・enjoy communication

・事業安定度を測る指標ってなんだろう?
  PPMの次

・思考の沸点が低い人

・高エネルギーを蒸発させない力を。
  求心力、重さ、課題への責任感、、

・単純な喜びは純粋な本質の喜びなのかもしれない

・累積思考質量の勝負 (密度x累積量)

・内から観る usering という方法

ーーー

・自分がパフォームしないのを人のせいにしてはいけない。
 パフォームした上で、他へ改善提案するならまだよい。

・素人への親切さ

・「何を言っても影響する」存在となったときの責任感
  内からのquality control
 内部基準をもつこと(社内、チーム内、自分内)

・水かけ論をさけるためのシステムシンキング

・営みの”高尚さ”について

ーーー

素晴らしい明日のために、今日できること。
[PR]
by kuniakimat | 2008-07-05 17:56 | ポケットメモ | Comments(0)