<   2008年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

仕事メモ ねぎらいの言葉

ある一部上場企業への社長報告のあとの懇親会。
経営企画室長取締役からの言葉
「人はそれぞれ色があるけど、
 まっちゃん、今日はいい色見せてもらったよ」

がんばってりゃいいことある。
[PR]
by kuniakimat | 2008-06-26 21:50 | Comments(0)

動画リンクメモ 画期的な交通システム

コンサルの就職活動をしていたころ
「都内の渋滞や通勤ラッシュの解決策」なんていうケーススタディが出た。
それで戯れに、たとえば山の手線が高速な動く歩道で、駅部分はちょっとスローな別レーンに段階的に移っていくっていうのはどうかな、なんて言ってたんだけれど
(止まったり動いたりするエネルギーが要らないからエコ的にもいいはずという理屈)

↓かなり具体化された案を発見

止まらない電車

かなり移動時間短縮になるよね。
[PR]
by kuniakimat | 2008-06-23 23:45 | 動画リンク | Comments(1)

ポケットメモ 2008/6/3~6/20

仕事にどっぷりつかっている。
濃密な夏になりそうな気がする。
新しい仕事にはいろんな新しいチャレンジがある。
・縁遠かった業界
・新しいチーム
・新しいパートナーシップ
・新しい役割
いつもどおり、方法のない世界に飛び込む。
まだ見えない不安と、それを明らかにしていく時の高揚感。
経営コンサルティングの仕事は面白い。

ーーー

・WIN OUT 勝って抜ける習慣
 (クライアントや自社、場への貢献として)

・KFSについて同意しているか?

・大変ってどういうことだろう

・ブランドイリュージョン

・(idea) 「脳フィット」
 身体と脳の複合トレーニング

・日々新たに

ーーー

・戦う (帰る場所もある)

・エリートでなくコントリビュータであれ

ーーー

・答えに飛ばず
 ー築いてきたもの
 ー足りないもの
 にきちんと向き合うこと

・未知の業界、会社に突入する
  旅の高揚感

・サステイナブルな
 -プロジェクト
 -チーム
 -組織
 -事業
 -プロとしてのありかた

・「うまい話」で集まった人は
 勝負所で役に立たない

ーーー

・夢なんてなくて
 すべて「重荷」なんじゃないか

 mission は passion から

・「経営」が成立するためには「経営者」が必要
 (少なくとも仕組みが成立するまでは)
 できないならしてはいけない。
 やるならやらなければいけない。

・経営コンサルというのは
 事業コンサルやビジネスコンサル、戦略コンサルとは全然違う

・経営者は、絶対人のせいにしたり言い訳をしたりしない。
 そういう人でないと経営はできない。

ーーー

・全体観ってなんだ。
 全体観なんて主観にきまってるじゃないか。

 全体観を語ろうとするという
 客観性の欠如(怠慢)

・○○を覚悟して本音でいく

・メッセージは絞り出すものでなく溢れ出すもの
  観察、洞察は足りているか?

ーーー

・思考の広さと深さと硬さ

・「勝てる理由」の必要性

ーーー

・近くの人に愛されなかった人が
 遠くの人に愛されようとがんばるのではないか

ーーー

・ベンチャーとして戦うには
 -熱い想い
 -卓越した技術
 -手つかずの機会
 どれか一つは必要

・経験を積むにつれ、「絶対に必要なもの」が分かってくる。
 (要らないものもわかる)
 
 「これがないと絶対だめ」と言いきれるもの

・不確実性への耐性

・ゆさぶりの効用

・出し惜しまない、かっこつけない

ーーー

・夢の重要性について考えてきたが
 やはり、夢なんて夢、だったのかもしれない

・やれる気がしない、ではやれない。
  やれそう、と思うところまで考え抜くこと

・レバレッジポイントに立つ覚悟

ーーー

・温泉のある大地

・「儲かれば/勝てばHAPPY」
 そんな単純な、動機、効用、快楽もあっていいかもしれない。
 スポーツもギャンブルも経営にもあるひとつの分かりやすい目標。

・「期待」が流れ込んでくることで人は元気になる

ーーー

・カッコつけようとするとほぼ失敗する。
 内から生み出すこと

・「キレてますね」

・裸の王様

・人の強みから学ぶ

・多少のストレスが心地よい生活

・自意識を消したチームワーク

・頭を使わない価値の出し方、について

・見えるまではしんどい(コンサル)

ーーー

・重いものが転がっている、という理想状態

・経営者の説明責任

ーーー

・表現力に制約された世界
 (本より自然から、言葉より体で)

ーーー

幸福量最大化に取り組む3つの姿勢

・自分の幸福総量
・相手の幸福総量
・二人の(全体の)幸福総量

ーーー

・贈る喜び

ーーー

・朝ストレッチ
 昼マネジメント
 夜コミュニケーション

・この受難を引き受けるパッション

 Enjoy your passion!

・3歩先を読む、”会長”の仕事

・まず理解すること、洞察すること。
 答えに飛ばないこと

・戦略参謀として最高の働きをする

・論点設定のアート

ーーー

・レバレッジにのみ作用していく

・「勘違いを解く」という価値

・リスクを引き受けてやっているか?

・痛い目にあわないと学ばない
 -どうすればよかったか
 -どうマネージすればよかったか
 (環境のせいではなく)

・寛容になっても基準は落とすな、密度は下げるな

・事例とシンプルなメッセージ(プレゼン)

ーーー

・emotional management

・「自分より有能な人を活かす」

・期待しすぎず、あるものを活かす

・戦い方を間違えない(自分はグレイヘアコンサルではない)

・パワーマップでなく関係性システムを

ーーー

・誰一人欠いても成立しない。
  そんな貢献ができるメンバーでありたい。
  そんなチームを作りたい。

・実力相応の戦略

・敵はいつも内にいる

・人を不愉快にすることへの感度

・評価は何ももたらさない。
 それは対価を自ら与える人がやればいい。

・毒を察知し明るく撥ね返すこと

ーーー

・「自分には見えている」と思うこと(人)の危険性

・異なるものへの配慮

ーーー

・Intimacy model への転換
 -クライアントとの関係
 -チームとの関係
 -プライベートの関係
 (⇔ product leadership, operation excellence)

ーーー

・言葉に応じず、気持ちに応じる。
  本気でないもの、邪悪なものには反応しないこと。

・マネジメントの役割に集中する
 -課題の本質構造理解
 -成果へのマネジメント

・本質理解というコンピタンス(コンサルの役割として)

ーーー

・期待という効用
 「いいことあるかも」自体に快を感じる人間

・器用で不誠実より、不器用で誠実を

・書くことによる進化と固定化

ーーー

・感じられないものに価値を置かないこと
[PR]
by kuniakimat | 2008-06-22 03:33 | ポケットメモ | Comments(0)

リンクメモ 懐かしすぎる

あの頃の品々
[PR]
by kuniakimat | 2008-06-19 00:24 | Comments(0)

動画リンクメモ 回転が速くても・・

「頭も口もよくまわるけど問題解決の役に立たない人」
ってたしかにいる。

たしかにいる、のを見事に演じてるなあと思った漫才↓。

ブラマヨ M1

「面白い、なるほど、そうかも」と思わせるものの、現実的には何の役に立たない、
そんなビジネスマン/コンサルタントになってはいけない。

本質でないことに頭を使わないこと。
できない理由ばかりあげないこと。(それより方法を考えること)

お笑いを見てて、思い出される仕事のシーン。

(それらしいリアリティをもった後ろ向きな詭弁)

ーー追記ーー

松本&トシ

やっぱり、それをやる前のめりな姿勢になっているかどうか、それが何より大切。
正しいことや、速いことや、深いこと、はその先の話。

ーー

本質を扱うこと。それを引き受ける姿勢(=やる気)を持つこと。
[PR]
by kuniakimat | 2008-06-15 03:40 | 動画リンク | Comments(0)

メモ 自意識を消す

無我、無私、滅私(滅私奉公)、去私(則天去私)、虚心(虚心坦懐)
梵我一如、主客融合、 フロー

自意識が消えたときに本物のパフォーマンスが成立する。
[PR]
by kuniakimat | 2008-06-11 01:42 | Comments(0)

仕事メモ 受難としてのパッション

この受難を引き受ける。

それがpassionというもの
[PR]
by kuniakimat | 2008-06-11 01:28 | Comments(0)

memo ブランド

ブランドっていうのは肩書きじゃないくて
提供価値から作られるものなんだけどな。
[PR]
by kuniakimat | 2008-06-05 21:30 | Comments(0)

一言メモ シリアスな顔

くだらないことで暗い顔してるのはカッコ悪いが
深刻な課題に向き合ってシリアスな顔してるのは全然いい。
[PR]
by kuniakimat | 2008-06-03 21:41 | Comments(0)

メモ 前向きに厳しく

厳しさはネガティブさではない
[PR]
by kuniakimat | 2008-06-03 18:32 | Comments(0)