<   2007年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

出張メモ 帰国

2週間ぶりに無事帰国しました。

学びはいろいろあったので
具体的な提供価値/事業機会につなげる
整理編集を推進しようと思うところです。


何より大事なのは、ワクワクするような
事業/組織運営にしていくということ。
(そうじゃないと、うまくいかないし、やる意味もない)

また10月からリスタート。
がんばっていこうっと。
[PR]
by kuniakimat | 2007-09-29 17:42 | Comments(0)

出張メモ アムステルダム 

グローバル企業の欧州社長と会食。

カリスマ的に”ノリ”で組織変革ができる(らしい)米国との違い。
体系を重んじてじっくりと未定める文化。

多様性を束ねるマネジメント。

――

消費者を興奮させる商品。
プロサービスもかくあるためにどうするか。

ーーー

新しい方法、視点への期待。

―――

ディベロップメント(開発)によって生まれる技術、
デザインによって生まれる効用、
マーケティングよって生まれる事業

デザインは技術に目標を与える

――

ーーポケットのメモに書いてあったことーー

回す経営 と 創る経営 の違い



利用者によって作られるブランドイメージ

モノより心
⇒ モノを通じて得られる心 を見る

――

原理主義からは距離を置く
(ブランド原理主義、戦略原理主義、方法原理主義、人材原理主義、デザイン原理主義)

それが有効である特定の状況が何であるか
を理解していること。

デザインが有効であるとき

「診断」の重要性

―――

やってみせる経営

(経営がどうあるべきか、についてもやってみせる、のがいいと思う)



同じことは繰り返さない
(退屈だから)

――

エモーションを燃やす経営


フレームで冷ます
意味合いで燃やす

(ファクトやフレームで終わる発言/仕事は活力を生まない)

――

コンテンツ商社 と サービスプロバイダー

(いずれにしても、choose, create, communicate)

見定めて、創ったものを伝える。
(個人的な仕事の流儀として)

――

旅行写真はもう一生分撮った。



記録としては
記号よりも空気を残す写真がよい。

――

Big father

メンバーにミステイクさせられるのがリーダー

――

Strategy=
perspective + positioning

ーー

パークぺクティブの不可欠性を再認識

A book of hypothetical perspectives

――

“ビジネス”に閉じたマインドに
“新しい世界”を示すイントロダクション

――


フレームは客観・公平なようでいて
たびたび、要素の重要度を「大きさ」で示している


Power of diagram

――

ゆるいままでは機能しないが
堅い構造だけでは活動しない。

ゆるさが生む活力と、つめが支える成立性。

安易な構造化が損なうもの。


――

高効率化から高付加価値化という(避けえぬ)戦略

高付加価値化の方法としての
-ブランド戦略
-イノベーション

それを具現化するものとしてのデザイン

――

明日はロンドンへ
[PR]
by kuniakimat | 2007-09-27 06:20 | Comments(0)

出張メモ エッセン

ヨーロッパに来たらまた
ぜんぜん違うパースペクティブが広がっている。

アメリカのイノベーションアプローチも相対化される。

どんどん視点が広がっていく旅は本当に楽しい。

red dot のトップは、エネルギーがあふれ続けるenthusiasticな人だった。
[PR]
by kuniakimat | 2007-09-26 07:13 | Comments(0)

出張メモ ボストン

サンフランシスコからボストンに飛んで
次はドイツにやってきた。

イノベーションを支援するプロフェッショナルサービスの
姿が自分なりにイメージできるようになってきてとても楽しい。

加えて、いい仕事をする、いい組織を作る
魅力的な先達の姿に触れる経験は、とても良い糧になりそうに感じる。

一流の組織、人との機会がほんとうにありがたい。

ーーー

For Branded Innovation
- Creative design (observe, inspire, evlove) 内から
- Strategic management (validate, optimize) 外から

ーー

すごい楽しく働ける組織を作る

ーー

Creation capability と Business strategy
まず前者だなと改めて思う。

For creation capability to deliver innovative value
- Management: keep inspiring and motivating professinals
- Talent: attract good people
- Method: design approach and consuling methodology

ーーー

Service process

analysis
- brand life-cycle portfolio diagnosis
- observation: bug-list, inefficiency, inconvenience

design
-creation: improve, innovate (inspire and evolove)
-validation (tech feasibitiy, biz viability, benefit acceptability)

realization

ーーー

emotion を燃やすマネジメント

ーー

spaceとcultureによって作られるairの重要性

ーー

とかとか。


innovation professionals
[PR]
by kuniakimat | 2007-09-25 18:45 | Comments(1)

出張メモ サンフランシスコ

10年後、20年後のありたい姿をイメージする。

本当に自分が好きな分野での
世界のトップランナーにふれる。

やるべきことはやりつつ、小さなことにこだわらず
思いきり本音で感じてこよう。

ーーー

今日はIDEOのCOOに会いに行く。
わくわく。

ーーー追記ーーー

IDEOはすごいエスタブリッシュトでかつインスパイアリングな会社でした。
いいなー
[PR]
by kuniakimat | 2007-09-21 00:17 | Comments(2)

出張メモ

ハーバード大学内のチャペルで友人結婚式
美術館を借り切っての披露宴。
なかなか楽しかった。
ワールドクラスな感じの人たち。

ーーー

「内の内は外」

生物学の本で紹介されていたトポロジーの話。

組織の中で小さく閉じて群れる塊りというのは
外部に近いといえる。

たしかに、外へでていくためには
そのプロセスを経たほうが各部分にとってスムーズなんだろう。

ーーー

快適にお金を使うというのは
贅沢や特別を買っているというのとは少し違っていて

普通というものの価値を大切にしていて
それを損わないための投資、ということ。

ーーー

披露宴会場の隣の建物は
学生時代に初めて訪れたコルビジェの作品だった。

ーーー

地ビールで酔いながら
博士課程の友人から教えてもらった
学問・哲学の話がとても面白かった。

”脱構築”が志向しているのは
逃げようもなく色即是空なんじゃないか。

ーーー

クオンタムリープ。

次はメキシコ経由でサンフランシスコへ
[PR]
by kuniakimat | 2007-09-16 13:24 | Comments(0)

memo

さて、コンサルティングの仕事も一段落。

これからまた全然違う世界へ。

ーー

2週間の北半球一周出張ということで
特大のスーツケースを買った。

unlimited potential,
supreme quality ,
life-time partner

ーーー

これまでの自分だったら
まず考えられないようなことをする。

それをまた新しい自分らしさとする。

そのときにはもう
自分らしさなんてものは意味を失っている。

ーーー

ーーポケットメモーー

アナリシスはすべてデザインの質を高めるためのものだった。

ロジカルであるよりリーズナブルであること

イノベーションエンジニアリング

怖くなることが怖い
 不安でなくなることが不安

見てよし、使ってよし、馴染んでよし

卒業の契機としての”成功”

夢の大きさと謙虚さを兼ね備える

デザインに説明責任はない

システム図は答えを含んだデザイン

「改善点を教えてください」

ーーー

ーー

登りかけていた坂の先ではなく
(まして通ったことのある道でもなく)

違う山の頂きへ飛び移れ。

ーーー

これまでの自分だったら
考えられないようなことをする。

初めてやることには
たくさんの違和感がある。

たぶん、それがよき契機になる。

その後何が起こりそうかすら分からない。
分からないからこそ意味がある。

”本当の旅”はそういうものかもしれない。

ーーー

飛躍の旅へ


ーーー追記ーーー

ここは自分の場所じゃない、とけりをつけて
帰ってくるのもまた”本当の旅”だなと思う。
[PR]
by kuniakimat | 2007-09-14 00:18 | Comments(2)

訪問先メモ



今回のアポはけっこうすごい。

やりたいことを発信していると、助けられながら良い縁に巡り合っていく
というのはここ半年ですごく感じていることだけれど
世界中のトップに会いに行ける、とはなんて贅沢で有難い経験だろう。
心より感謝し、この機会を本当に大切に活かしたいと思う。

短期的に何かを得るというより
見える世界の境界、水準を飛躍させる旅にしよう。


9月後半に会いに行く、デザイナー/コンサルタント↓

アメリカ西海岸にいるデザインファーム創業者
IDEO創業、世界初のラップトップPCデザインなど

アメリカ東海岸のデザインファームのVP
design continuum 

ドイツにいるデザイン賞主催者
red dot のボス

イギリスにいるデザインファーム創業者
Seymourpowell Ltd 



感謝。

楽しみ。
[PR]
by kuniakimat | 2007-09-13 04:53 | Comments(1)

仕事メモ


コンサル経験のない人に
資料を作ってもらって一番感じるのは

「そんなこと言ってどうなるの」

という気持ちで、
なぜ、そういうことが書かれているかというと
論理的な概念整理力の問題も多少はあるにしても

根本的には聞き手(顧客企業の社長)が

1.「どんな視点で何に関心があるか」

2、「何を知らないか」

について、理解していないからだと思う。

それは、
経営者の関心/視点というものを実感として知らないということであったり
そもそも聞き手のことを考えていないという姿勢の問題だったり、
聞き手のことを調べる/耳を傾ける機会を持たなかったということが原因だったりする。

ーー

コミュニケーションの問題の多くはそこにある。

相手が、何に関心があって、何を知らないか、

その感度を持っている人が、いい話ができるんだと思う。
[PR]
by kuniakimat | 2007-09-12 12:44 | Comments(0)

メモ

仕事でオーナーシップのスイッチがONになっているときっていうのは

仕事以外でもそういう、引き受ける姿勢、になることが多くて
遊びでもイベントでも何かしら参加してみたり
相談にのったり長期的な計画も引き受けたり、etc
(忙しいのにブログまで書いてしまったりする)

結局、仕事の波が増幅されて、高速回転、になるもんだなあ、と思う。

年中、四六時中そうありたいわけでもないけれど
何割かの時間をそういうモードで過ごせたらなかなかいいかもしれない。

(軽い躁状態について)
[PR]
by kuniakimat | 2007-09-11 07:33 | Comments(0)