<   2005年 06月 ( 66 )   > この月の画像一覧

おしきた あと3mm

レバレッジコンセプトが見えた。おし。

これはいけるはず。

深夜の快哉。

大きく本質的な答えの仮説が見えれば、
あとはどんな忙しかろうが、どんな振り回されようが怖くない。

このレバレッジコンセプトでいく。

ーーー

あと一年、意識改革はこのコンセプトでいく。

もうひとつ、もうひとがんばりひねり出すべきは
不変の価値。TRUE NORTHのレバレッジコンセプトだ。

やるぞー。おし。

ーーー

ただ、まだこのコンセプト、ど真ん中じゃない。あと3mmだ。
つめていくぞ。


さあ、深呼吸して、走りだそう。
[PR]
by kuniakimat | 2005-06-30 01:48 | Comments(0)

仕事

紐づいてたって、ミートしてなきゃ意味がないんだよ。ちゃんと考えろよ。
[PR]
by kuniakimat | 2005-06-29 19:24 | Comments(0)

事例について

事例は、真似するためにあるんじゃない。

踏み台にして、先人が到達した地点を出発点にして、
世界で一番いいものを今生みだすために、事例を参考にするんだろ。

世界で一番新しいモノであることは、「今作っている」という明白な事実に保証されていて、
それなのに、それが最先端で最高のものでないなんてことはプロとしてあり得ないし、許さない。

世界で最高の企業理念を作ってやる。
絶対作ってやる。
[PR]
by kuniakimat | 2005-06-29 19:19 | Comments(0)

同情と自戒を込めて

資料作りで疲れている人へ

2~3枚でいいですよ、と言われているのに、
たくさん作ってしまっているなら、
情報統合能力の欠如か、自己満足を疑うべきである。
[PR]
by kuniakimat | 2005-06-28 13:09 | Comments(0)

フレームワークについて

フレームワークへの考え方に対する違和感から。


違いは
・想いを形にするのか
・型に想いを流し込むのか

にあって、僕は前者に価値を感じている。

フレームは使うのでなくて
生み出すものだと思っている。

ーーー

(診断時には既存フレームを使うのがよろしい)
[PR]
by kuniakimat | 2005-06-28 12:16 | 考え方観 | Comments(1)

一つずつ伝える メモ 2%

大事な価値も伝わらなければ意味がない。

↓choose
↓create
↓communicate

ーーー

相手の前提理解のレベルだとか、柔軟性だとか
伝達におけるボトルネックはたくさん存在していて当然。

communicate はコストのかかるものだ、ということは、前提として。
それも仕事。はじめからそのつもりをしておく必要がある。

そこに十分な時間を残しておく。

↓考え抜いて
↓答えを出して
↓それを一度分解して
↓一つずつ伝えていく

という、まどろこしいことも、仕事として価値を届けるために必要ならば、やるしかない。

意味のある答えを見て、その意味が分からない奴は相手にしない
という姿勢だけでは、進んでいかないことがある。

まどろこしいが、それが、組織を相手にしたり、組織の中で仕事をするときには
コミュニケーションへの労力は必要コストなんだということ。

それを容認するかどうかは、メリットとの見合い。

ーーー

今、必要なのは
一つずつ、丁寧に、シンプルに、伝えていくこと。

もう一度思考をシンプルに戻す。

僕が伝えたいメッセージってなんだっけ、と
[PR]
by kuniakimat | 2005-06-28 11:13 | Comments(1)

メモ 意味への集中 2%

意味のないものは象徴にならない。

意味のないものを飾り立ててもメッセージにはならない。

ーーー

価値を減耗させない。
時間をドブに捨てない。

意味のあることに集中し、
その成果が顧客に伝わること。

そのための自分のポジションニング。
顧客への対し方に、戦略が必要になるのかもしれないと思っている。

マインドが低く自己満足に遊んでいるボトルネックを通している暇はない。

意味のあることに集中し、
その成果が顧客に伝わること。

そのための戦略。
この程度のチームマネジメントができないでどうする。
小組織内での問題解決くらい3分で終わらせろ。
[PR]
by kuniakimat | 2005-06-28 10:22 | Comments(0)

自転車メモ 純朴で冴えたコミュニティ 4%

とても暑い。もう自転車通勤限界か、、

ーーー

「純朴」で「冴えた」コミュニティを作る。

週末に垣間見たような
「派手」で「冴えた」、セレブなコミュニティが、ぴったりくる感じではないとして、

かといって、多くの「純朴」で「さえない」、群れるコミュニティに魅力は感じない。

また、「派手」で「冴えない」、おバカなコミュニティへの適性がないことはいうまでもなく。

ーーー

いい気分の通勤だったのに、鼻歌でひさしぶりに曲を作ってみた。
「自転車で言葉を見つけるの歌」
[PR]
by kuniakimat | 2005-06-27 14:15 | Comments(0)

仕事

2年ぶりくらいに土日フル稼働。
学生バイト数人と協業して、ワークショップの討議結果から
価値をつむぎ上げる。

もう大丈夫、かなりの価値が形になってきた。
がんばってよかった。

そういいながら、本音で分かっているのは、
自分がそれなりの価値を出したぐらいで安心できるような
クライアントの状況/課題の大きさではない。

まだまだこれから、もっと、これより10倍大きな価値を作り、伝え、動かしていく。
がんばろ。

ーーー

学生の方が、僕の話にインスパイアされてくれたようで、それもまた嬉しかった。
やっぱたぶん10年後20年後には、どっかで教える立場になるんだろうな、という気がした。

「大学の教授でもこんなことは教えてくれない」
のは、まあ現場で問題解決してるから当然な部分もあるのだけれど。
でも気分は良いのであります。

そういうのもエネルギーにして、またがんばるぞ、と。
[PR]
by kuniakimat | 2005-06-27 00:07 | Comments(0)

独立

初対面の人と仕事の話をしていると、

「そうすると、今は自分で会社をやっておられるんですか」

と聞かれる。
もうそろそろ自分でやってもできるんだろうな、という気もする。

でも、まだまだ人から学びたいし、組織をレバレッジしたい気もする。

当面は、籍は置きながら、自立した意識を持って、
個人事業を始める準備を着々と進めるとする。
人と出会う、社会の課題と市場機会を掴み取る、力をつける。

独立に備える。
[PR]
by kuniakimat | 2005-06-26 19:41 | Comments(0)