<   2005年 05月 ( 53 )   > この月の画像一覧

仕事仕事

仕事してる感がとてもあってよいこのごろ。
ぐぁあ、とか思いながら。結構この感覚が好きらしい。
[PR]
by kuniakimat | 2005-05-31 01:01 | Comments(2)

仕事仕事仕事仕事

ぐぅう、

やりきってやる。

俺のオーナーシップでやるぞ。
[PR]
by kuniakimat | 2005-05-30 01:11 | Comments(0)

貢献意識 5%

違うキャリアを力強く進む同窓生と、酔っ払いながら話した違和感から
自分の中で明快になったこと。

その場に貢献しようという意識を持たずに、
”影響力”というものだけを追い求めてどうなるというのだろう。

自分の周りの小さな範囲に貢献できるようになって、
その外のもうひとまわり大きな範囲に貢献できるようになって、、
ということが、大きくなるということや、”影響力”のある存在になるということや、”偉くなる”ということ、
の大事な大事なステップであって。

貢献のない影響なんて、成り立たないし、
成り立ったとしても意味がない。

貢献意識から始める。

ーーー

でも、貢献意識をもつためには「自立」を
自分のものにすることが先、なんだろうなと思う。
[PR]
by kuniakimat | 2005-05-29 00:53 | Comments(0)

トラックバック トライアル


http://blog.livedoor.jp/hisanorik/archives/23200046.html#comments

価値とか貢献とかは虚構であるかどうか

ーーーーー

僕の整理。

価値を、遺伝子の保存を支えるもの、と定義する。
(これを最上位におくことで整理されるとは思うけど、腹落ちはしていない。)

おそらくそれには「性」と「生」があって、
それ自体に価値がある。「実態価値」と呼ぶ

それから、そいういう実態価値と交換することが目的の「交換用価値」がある。
その中には「経済的価値」とか「社会的価値」がある。

貢献は、価値を提供すること、とする。

ーーー

価値の定義がそれでいいのかは、まだ初期仮説段階。

他に、価値の定義、ってどんなものがありえるだろうか。

知恵を貸していただけたら嬉しい。ブログ上でもブレストとか議論とか生産ができたらいいな。
[PR]
by kuniakimat | 2005-05-29 00:30 | Comments(4)

体感法 テーマメモ 3%

本というインプットからの生産性を飛躍的に高めるのが速読法だとしたら、

たぶん、
体験というインプットからの生産性を飛躍的に高める方法がある、んだと思う。

超体感法。

体感を体感した気がしたとき、
次は、それを体感法へ形式知化しようとする姿勢。
[PR]
by kuniakimat | 2005-05-29 00:18 | Comments(0)

誓う結婚式  感想日記 4%

大学のころから、こいつはかっこいい、と思っている男がいて、

その結婚式に出席。

最高に感動的な結婚式だった。

人生の一つの大きなレバレッジポイント。
それまでに大きく広がり深まった大事な人が集まって、
2人の結婚という一点に収束され、それが出発点になる。

力の限りの明瞭な声での
「はい、誓います」
は最高にかっこよかった。

人生の中で、本気で「誓う」ことなんてそうそうないのだろう、
と思った、その一方で同時に、
いつでも「誓う」気持ちで日々を生きている人がいるのだろう、
その姿勢であるかどうかがどれほどクリティカルなことか、と切実に思った。

結婚式の企画・表現も最高に素敵で、
それを支えた友人たちがいるということも含めて
やっぱりそれまでの人生の集大成/集約点なんだなと思う。

旧友と語ったり、新しく深い友を得たり、
人間模様から感じることが多かったり、

本当によい一日だった。

今日のことはもう少しまた思い返して考えてみよう。
[PR]
by kuniakimat | 2005-05-29 00:12 | Comments(0)

フレームワーク (酔っ払いの自画自賛)メモ 1%

M社の同期の送別会。数人と朝まで議論。
みんなキャリアの広がりが出てきて面白い。
逆にやめるまではかなり優秀なモノトーン。

「理想の関係」フレームワークはかなりキテル。。。
何か言わずにいられなくさせる一枚の紙。

ものすごい可能性を持っていることを確信しつつ、
それを使って何をしたいのか考えたりもしつつ、
でも、若い頭のうちに一生モノのフレームを創出することにフォーカスしようと思う。
ターゲットをかえ、切り口をかえ、10冊くらいは本になりそう。
どなたか協業でアウトプットにしたい方いらっしゃったら、、、
とか言いながら、

・やれない相手とやる方法
・聞き上手がもてる
・人として分かち合える価値
・あなたにとって私って何なの、が分かってしまうテスト
・大人の手口
・負け犬のわけ

どうしよっかな。

ちょっと思ったこと、
このアウトプットには、M社的能力と、それを捨てて身に着けた関心喚起、表現能力が
凝縮されてるのかもしれない。
M社の教義にこだわりすぎると遠回りでたどり着けなかったところ。

でも、大事で面白いテーマであればあるほど、
メッセージは経験的に知っていることしか出てこない。
整理する価値はあるのだけれど、
うん、そうだな最近よく考えている「理」を理解するということだな。
それは価値があることのような気はする。
悩んでいる人がいれば適切に整理されたコメントを伝えることはできる。

フレームワークで生きていけるんだろうな、

偏りながら尖らせた自分の力に確信を感じつつ、
今はその力を本当に大きな課題に直面しているクライアントのために
全力でぶつけていこう、と思う次第。

Think on to enjoy contribution.

自己満足の思考では終わらない。
できるからやるんじゃない、
貢献したいからやるという基本姿勢は崩さない。その再確認。

ーーー

今やってる仕事でも、これは、と思えるフレームの輪郭が見えてきた。
たとえコンペで勝てなかったとしても、絶対クライアントのこの後に活かされる一枚の紙。

もうちょっと、もうちょっと、
頑張りぬこう。
[PR]
by kuniakimat | 2005-05-28 05:01 | Comments(2)

本気

どう見られるか、という視点を捨てたときに
人はやっと本当の力を発揮できる。
[PR]
by kuniakimat | 2005-05-27 22:01 | Comments(0)

とにかく

いい仕事をする。改革を支える。大事なことを伝える。

どう思われる、とか評価させるじゃない。
本当によくなるために、伝えなければいけないことを伝える。
考え抜かなければいけないことをサポートする。考え抜く。

本当に意味のある貢献をするために考え抜く。それだけを本気でやる。
[PR]
by kuniakimat | 2005-05-27 15:42 | Comments(0)

仕事仕事仕事仕事

ひさしぶりに鬼のような集中と気合。
本気で勝負。
.
[PR]
by kuniakimat | 2005-05-27 14:08 | Comments(0)