仕事メモ イシューアナリシスはしんどいのだけれど

課題の構造化というのは
水道工事のようなところがあって、

それ自体に大きな時間と労力がいるのだけれど
一度開通させてしまえば、
たくさんの水が抵抗なく流れていく。

課題を構造化せずに調査分析や思考に入る、というのは
水道インフラを敷かずにバケツを担いで運び続ける、
という選択なんだと思う。

ーーー

そりゃプロジェクト初期にはバケツでも運んだほうが
すぐに潤うかもしれない。

そこをこらえて水道工事の期間を待ってもらえるか。

信頼を築くことの重要性はそこにあるんじゃないかと思う。

ーー

多分、事業経営でも同じ。
すぐの黒字化を迫られるような関係なんだとしたら
黒字化に奔走するより、
信頼構築を先に取り組んだほうがいいのかもしれない。


ーー
ーーー

水路をひらこう
[PR]
by kuniakimat | 2007-03-06 12:42 | Comments(0)
<< 戒めメモ 批判批判 引用メモ >>