222 無自覚な価値観と数字について (グローバルリッチリスト)

リッチリスト

年収が5倍になったら幸せだろうか。

ーーー

絶対的価値観がないから、相対的価値観に陥る、
のかというと、そういうわけでもない。

自分の位置づけを、相対的な数字に結びつけるんだとしても、
どんな全体のなかでのどんな数字で観るのか、というのは
主観的なものだし、個人の任意によるものだと思う。
尺度には絶対的な意味が必要だから、絶対のない相対なんてものはない。

数字でものを語る人は、価値観を持っていないのではなくて。
けれど、自分がその数字を語る理由としての
ある価値観を露呈していることに無自覚であることは多いと思う。

自分の価値観に無自覚なのは、日本人に顕著な気がする。

自分自身の前提に無自覚で困ることの一つは、
議論ができないことだと思う。
互いの主張の根拠を分かり合えないまま、異質同士が手を取り合うのはとても難しい。
だから、もし異質を楽しんだりするなら (みんなするけれど、海外旅行とか)、
自分の価値観を少なくとも自覚し、できれば伝えられるようにしておくといいかもしれない。

それができた上で、実現の手段としての数字を語る、というのは本物のかっこよさだと思う。

ーーー

どこまで本気でいっているのか分からないけれど、
「俺たちは世の中の上位x%」なんていう発言が
ときどき聞こえてくる。

そこに逃げ込みたくなる気持ちの裏には
多分、別にある本当の価値観での挫折や欺瞞があるように思う。

リッチリストは、自分が拠り所にしようとしていたかも知れない何か、
と端的に突きつけてくれるし、
その数字を動かすことが”全体”の中でどのくらいの”意味”があるか、
も見せてくれる。

年収が5倍になったら幸せだろうか。

別にある、本当の価値観はなんだろうか。
その実現の手段としての数字を語る、というのは本物のかっこよさだと思う。


ーーー追記ーーー

下流社会なんて言葉が流行ったり、
年収300万時代だとか、二極化だとかよく目にする。
だから、どうした、と思う。

年収300万、をグローバルリッチリストで見てみるだけでも
少しは捉え方が変わるかもしれない。

それから、二極化なんていうのは、
一般的な視点でとても当たり前なんじゃないか、と思っている。
人間は生物として淘汰を経て進化してきた。
その多くは生殖のパートナー獲得における淘汰だったのだと思う。
けれど最近では、戦争/殺人の減少や一夫一婦制によって、
命の淘汰はなくなったと捉えられると思う。
いくら”下流”であろうとも、子供は残せないことはない。
つまりは、命の数の面での淘汰、量の淘汰はなくなっているといえる。
けれど、その分なのか、質の淘汰はより強くなっているのではないか。
強い種が、異性の強い種を選ぶ、弱い種はあぶれ物の弱い異性の種と結ばれる。
これが何世代にわたって繰り返されれば、
質の格差が拡大するのは、極めて当然の帰結ではないのだろうか。

と、ちょっと思いついただけのことを語気強く書いてみましたが、
どうなのかな。質の格差拡大の必然性について。
[PR]
by kuniakimat | 2005-11-19 10:08 | 雲丹の刺(違和感) | Comments(2)
Commented by ゴリ at 2005-11-29 23:46 x
数字はあるモノサシで測った結果出てくる値であって、
「今、自分は何のモノサシを当てて語っているのか」に
自覚的であるべきとの意見には完全に同意です。
「主語がない」などの話と重なる内容ですね。

例えば、「大金持ち子供無し」と「貧乏子沢山」を比較した
場合、「経済競争」のモノサシでは前者が勝者ですが、「進化
競争」では後者が完全に勝者です(なぜ人々が前者ばかりを
問題にしてしまうかも進化学で非常にスッキリ説明できます)。

価値観は、自律的選択的に確立するよりは、外部から暴力的に
与えられ刷り込まれる部分が圧倒的に大きいですから、無自覚に
前提してしまったり、自明のものと勝手に思い込んだりして
しまう事態が頻発するのは仕方がないとも言えます。

ヒトは富と欲望のコントロールという点では進化的適応を全く
備えていません。富や栄養がこれだけ身近になった事態を人類は
経験したことがないからです。結果、肥満や環境問題という現在
進行形の問題に直面しているわけですが。
Commented by ゴリ at 2006-01-17 01:46 x
質の格差拡大についてですが、「何の質なのか」のモノサシがやはり必要かと思います。とはいえ、僕自身は(どんな質であれ)淘汰を考えるほどの何らかの格差が生じているとは思っていません。なぜかと言いますと、当事者同士は確かに選んでいるでしょうが自然はそれに感知してくれないことが多いからです。これはヒトが二倍体(染色体を2セット持つ生き物)であることが原因の一つにあります。卑近な例を出しますと「優秀な醜男」と「バカな美人」の間に生まれた子供が「優秀な美人」になるとは限らず「バカな醜男」が生まれるのを自然は止めてくれません。そうした人間の事情に自然は一切感知しないのです。量的な淘汰がされなければ、それはそのまま「多様性の拡大」になるでしょう。とはいえ、どのDNA配列がどの遺伝子に対応しているかが分かってくれば、やがて「デザイナー・ベビー」が生まれ、経済的格差が身体的資質の格差に直結する世界が来る可能性は無いとは言えないと思います。しかし、それも人間を取り巻く環境が変化したらもはや「格差」ではなくなりますが。
<< 322 悟性で観る 735 働くということ >>